最近、足が細くなった会員さん

入会して2年目の60代の女性の会員さん。

最近下半身が細くなった感じがあったので、「足が細くなしましたよね!」と

声かけをしました。

そしたら、嬉しそうに「なんだかリンパの流れが良くなった気がしてるんです。」と

前からなんだか細くなった感じが出てきて今日はそれがはっきり感じたので聞いてみたら

本人も自覚していたようです。

入会当時は、胃下垂でおなかがポッコリしていたのも今は程よくすっきりして

できない動作もだんだんできるようになってきています。

週に1回くらいのペースなので効果出ているかと心配だったのですが、

積み重ねで少しずつ効果が出ていたようです。^^

4番チャクラトレーニングの分かち合い

4番チャクラトレーニングを受けた会員さんの生の分かち合いです。

この方は1年前から更年期障害などの症状で今年の4月に入会されて、

9月に4番チャクラトレーニングを受けてとても変化を感じた方です。

 

(50代 K・Fさん)

私が4番チャクラトレーニングを受ける前は、否定的で自信がなくだたさみしく不安で怖くて怯えた生活を送っていました。

笑うことも出来ずだだ泣くだけの日々の生活でした。

めまいと体の痛さに耐え頭はフラフラする、胸は苦しくて何かつかえている感じ・・・・。(電車にも乗れませんでした)

瞼は重く、とにかく頭も心も重く悲鳴をあげていました。

そんな時、スタジオの先生に4番チャクラトレーニングを薦められやってみる事にしました。

始めはそんな事で変われるのだろうか?と思いました。

でも健康を取り戻したいと思っていましたし、何よりも今の状況から抜け出したいと思いただやりました。

夢中で言われるままにやってみました。

すると終わっるころには、すっ~と気持ちが楽になり今までに感じたことのない素の自分というのか

何にも縛られない自然体の私?に出会えてような感じがしました。

帰ると主人に「変わった。目が輝いている。生き生きしているというか晴れ晴れとした顔をしている」と言われ、

私も何かが変わったと思いました。

今は心も軽くなり、恐れることもなくなり穏やかで、やさしい気持ちになり毎日楽しく過ごしています。

何よりも前向きに物事が考えられるようになったことが一番うれしいです。

そうすることで、すべていい方向に動き始めている気がします。

体はまだ痛いですがこれからきっと少しずつラクになると確信しています。

 

 

スマイルフェスタつじどう

2回目のスマイルフェスタつじどうが無事おわりました。

茅ヶ崎の長谷川書店の6階をお借りしてのイベントははじめてでしたが、

開始時間とともに興味のある方がすぐにいらしてくださいました。

各ブースの専門家が集まってのブースはおかげさまで好評でした。

またの出来たら開催したいと思っています。

ありがとうございました。

一指健康法 ~本当の自信~

「ほんとうの自信」を創造しよう!

今日のテーマは、脳を使った「自信の創造」です。

私たちは、自分がこれまでに経験したことがある事柄については、自信を持って臨むことができます。しかし、ほんとうの”自信”とは、これまで経験したことがないことにも挑戦できることなのです。

過去に経験したことや既に得意としていることを続けるだけでは、私たちは進歩することができません。未経験の分野に次々と挑んで、自信を創り上げていくことが、大きな価値を生みます。

イルチ健康法が推奨している1日5分の腕立て伏せも、自信を創造するプロセスの一つです。

腕立て伏せには、腕の筋力が必要なことは言うまでもありません。しかし、腕立て伏せの回数を増やすときに大事なのは、筋力よりも精神力です。

筋力の限界まで腕立て伏せをすると、腕が「これ以上できない」と訴えかけてきます。しかし、そこで精神を奮い立たせることで、さらに多くの回数をこなすことができます。

「最善を尽くす」とは、自分の限界に挑戦することです。濡れたタオルを絞るだけでなく、絞りきった布をもう一度ひねって水滴を出し切る。そこまで最善を尽くしたとき、はじめて魂が自分自身に感動することができます。

イルチ健康法の「魂のプッシュアップ」トレーニングでは、これまでの人生において自分自身に感動したことを思い出して、ノートに書きつづってみましょう。

些細なことでもかまいません。その感動体験を今後増やしていくことで、真の価値ある自信を創造することができるはずです。

もっと見る

自動代替テキストはありません。

会員さんの分かち合い

「腸活・脳活ヨガに出会っての私」 50代 女性

 

2016年の6月から、めまいから始まり吐き気、どうき、食欲不振、うつ病?

体調を崩していろんな病院に行き、検査したり薬を飲んだりしたのですがなかなか治りませんでした。

そんな時、腸活・脳活ヨガのチラシを見て、不安と自信のなさで押しつぶされそうだった私は

2017年4月下旬に体験をさせていただきました。

少人数でポーズにこだわらないことが良かったこと。しかも1年近く体を動かしていなかった私には、

ちょうど良かったことと、これが最後の望み・・・・と思いながら入会しました。

最初は、体中が痛くて苦しく感じられましたが、少しずつ体が良いほうに変化していることに気づき、

メンタル面も少しずつ前向きに変化していました。

6月には、開穴トレーニングを受けました。受講しているときはなぜだかわからないですが涙が止まらず

それでも続けていくうちにツボが開いた?感じがありそのあとは気持ちも体も軽くなり前向きになりました。

あんなに辛いと思っていたトレーニングもいつか楽しみになり、どんどん元気になっている自分がわかり

めまいはまだありますが、これからは楽しみしかない。

いい事がどんどん起きる気がしている私にとって、ブレインヨガとの出会いはとっても良かったと思います。

まだ、初めて2か月ほどですがこんなに変わってきた自分にびっくりしています。

なので、これからがますます楽しみです。

[イルチブレインヨガ] Love Myself ブレイン瞑想 1 – 様々な瞑想法

最近、ニューヨークでは瞑想バスが登場し
話題になっています。
都会の喧騒の中でも、静かに瞑想できる
移動式の瞑想スペースです。
忙しい現代人の心の健康管理法として
人気を呼んでいるそうです。

グーグルやフェイスブックなどの世界的な企業でも
社員の自己啓発として
瞑想を積極的に導入しています。

ストレスの緩和や情緒の安定に役立つ瞑想ですが
イルチブレインヨガの「ブレイン瞑想」には
どんな特徴があるのでしょうか?

イルチブレインヨガのブレイン瞑想は
東洋の伝統的なトレーニングと
脳科学が融合した様々な瞑想法で構成されています。

普通、瞑想といえば
坐禅を組むような静的瞑想を思い浮かべますが
イルチブレインヨガのブレイン瞑想には
動的瞑想と静的瞑想があり
意識が外に向いている現代人が
効率よく自分の内面に集中できるようなっています。

ブレイン瞑想は
静的瞑想によって
脳の変化から体のシステムの変化を引き出すトップダウンと
動的瞑想によって
体のシステムの変化から脳の情緒や思考の変化を引き出すボトムアップの
2種類で構成されています。

また、ブレイン瞑想は
ブレイン体操で十分に体をゆるめた後に行うのですが
その理由は
体が活性化して体力が高まると
早く瞑想状態に入れるからです。
血管の99%を占める毛細血管にまで血液がよく流れると
気エネルギーの循環もよくなり
本格的な瞑想ができる最適な状態になります。

[イルチブレインヨガ] Love Myself ブレイン瞑想2- 深い瞑想状態に入り心の静けさが感じられる

(2)深い瞑想状態に入り心の静けさが感じられる

瞑想によって、幸せホルモン・セロトニンが増えることは
よく知られています。
セロトニンは、感情や気分のコントロール、精神の安定に
深く関わっているホルモンです。

また、瞑想すると、脳波が
覚醒と睡眠の間の状態であるアルファ波になり
内面の静けさと平和が感じられます。

世界中で活発に瞑想に関する研究が行われている中
ブレイン瞑想に関する研究も行われていて
これまでに70を超える論文が発表されています。

ブレイン瞑想の論文によると
習慣や性格の改善
業務能力の向上、ストレス耐性の向上
自己コントロール力や集中力の向上に
役立つということがわかっています。

(3)エネルギー瞑想で自然治癒力アップ

イルチブレインヨガのブレイン瞑想のひとつに
気エネルギーを感じるエネルギー瞑想があります。

気エネルギーは、万物を構成する基本要素で
生命の本質を意味します。
イルチブレインヨガのエネルギー瞑想は
内面の内気を感じると同時に
宇宙万物に存在する外気を感じながら
自分を眺める力を育てます。

イルチブレインヨガ「ブレイン体操」1 – 体が目覚めると脳も目覚める

運動が健康にいいということは
皆さん、ご存知ですよね。

慌ただしい毎日を過ごしている私たちは、
一般的に運動量が少なく
よくない生活習慣やストレスは多く
姿勢も悪くなりがちです。

最近は、ヨガ、瞑想、体操などの効果が広く知られているので、
何か始めたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、イルチブレインヨガで行っている
「ブレイン体操」の特徴をご紹介したいと思います。

イルチブレインヨガのブレイン体操は
東洋の伝統的なトレーニングと
現代の脳科学を融合させた動作で
約360種類あります。
ブレイン体操をすることで
体の感覚が目覚め、脳の感覚も目覚めていきます。

最近の脳科学では
適度な運動が体の健康だけでなく
脳の発達にも重要な役割をすることが明らかになっています。

小脳が運動機能を担当しているのはよく知られた事実ですが
それだけではないこともわかってきています。
脳全体の神経細胞の約半分が小脳にあり
その小脳が活性化すると
思考・判断・計画・推理などを担っている
前頭前野によい影響を与えるのだそうです。

また、ブレイン体操は、
普段あまり使わない筋肉もまんべんなく使うので
硬くなっていた筋肉や関節がほぐれて柔軟になります。
左右のバランスがよくなって姿勢もよくなり
本来の状態に戻ろうとする力、自然治癒力も高まっていきます。

イルチブレインヨガで行っている 「ブレイン体操」の特徴2- 丹田システム活性化

ブレイン体操のもうひとつの特徴は
丹田システムの活性化にあります。
丹田は「エネルギーを育てるところ」という意味で
東洋医学では健康のツボとして重視されています。
人体には3つの丹田があります。

脳を中心とする上丹田と
心臓を中心とする中丹田
そして腸を中心とする下丹田です。

腸には全身の血液の半分近くが集まっていて
下丹田システムを活性化させるだけでも
血液循環にとても役立ちます。

このように
イルチブレインヨガのブレイン体操は
3つの丹田を活性化させることによって
体力、心力、脳力を高めます。

ブレイン体操は
ただ体だけを動かせばいいのではなく
動作と呼吸と意識を一致させて行います。
呼吸に集中しながら体を動かすことによって
全身の血の巡りがよくなります。

また、外に向いていた意識を体に集中させ
体操しているときの体の変化を観察することで、
感覚が目覚め、瞑想にもなります。

辻堂に虹

昨日夕方、辻堂駅に向かっていると何やら空に向かって携帯で写真を撮っている人が数人。

その先を見てみると、大きな虹が出ていました。

久々に虹をみて、私もすぐさま「カシャ!」

この写真がそれです。↓

KakaoTalk_20170714_223202258