皿まわしエクササイズ

こんにちは。

テレワークとか家にいることが多くなると肩こりが以前に増してひどいなと感じることありませんか?

そこでおすすめなのが家でも簡単にできる肩こり解消の皿回し。

ほかにもいろんな効果があります。

イルチブレインヨガの皿まわしエクササイズとは?

イルチブレインヨガの皿まわしは、無限大を意味する”8の字”を描く動作で、”こころ・からだ・脳”を目覚めさせる全身運動です。

「左右対称」の動きをすることで体のバランスを取り戻していきます。普段使っていない筋肉もムラなく使い、体の柔軟性を回復します。

皿まわし体操一つだけで、全身の筋肉と関節をほぐし、血行がよくなります。

その結果、免疫力が高まる、肩こり解消・ダイエットなどの効果が期待できます。

左右対称の運動によって体のバランスを回復し、脊椎や骨盤のゆがみを正していきます。

Let’s Try! みなさんもこの簡単にできる「皿まわしエクササイズ」を動画をみながら一緒にやってみましょう!

※みなさんの体の調子にあわせ、無理なく行ってください。

皿まわしエクササイズのやり方

※各動作は、ご自分の体にあわせて無理のない範囲で行ってください。

【1】足を肩幅に開いて右足を前に出し、左手の手のひらを上に向け、腰にのせます。

【2】右手を右側に伸ばし、手のひらは上に上に向け、ひじは軽く曲げます。

【3】想像の皿を落とさないように、ゆっくりひじを外に向けながら曲げ、下腹の高さまで半円を描きます。

【4】わきの下を通ってS字を描きながら腕を伸ばし、皿を持ったまま、頭の上で大きく回します。手のひらの皿のバランスを維持することに集中し、手の動きを目で追います。

 

【5】10回繰り返し、反対側も同様に行います。

《片手で皿まわし》

健康の原理~水昇火降~

水昇火降ってご存知ですか?健康の原理なのですが、昔から言われる「頭寒足熱」と似ています。詳しくは、下のページをご覧くださいね。

ここで重要なのは、血液と気エネルギーが体の中でよく循環していることが心身の健康のために大事だということ。そのためには、トレーニングが必要です。

水昇火降になると
・口の中に唾液がたまる
・頭がすっきりする
・心が穏やかになる
・疲れにくくなる
・力がわいてくる
こんな状態になりますよ。

逆に、水昇火降ではないと、イライラしたり、口が渇いたり、腸が敏感になったり、代謝もダウンします。

イルチブレインヨガでは、すべてのトレーニングがこの「水昇火降」になるようにできています。今ならオンラインでも体験できます。ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。絵をクリック↓

 

イルチブレインヨガの皿まわし

🌷全身で無限大∞を描きで脳を活性化する 🌷

私たちの脳は、心と体を支配しています。だから、どうせエクササイズをするなら、脳の特性をふまえながら行ったほうが、より大きな効果が期待できます。

皿まわしエクササイズは、全身で大きく「無限大」(∞)を描くことで脳活性を実現するトレーニングです。

「∞」は無限大を意味するとともに、渦巻き(ボルテックス)模様を平面的に表現したものです。 ボルテックスとは、もともとは「回る」「回転する」という意味で、物体が螺旋(らせん)状にうずを巻く状態を指します。エネルギーが外側から内側に吸い集められて、大きな力を発揮する現象として、自然界ではよく見られます。

微視的(ミクロ)ではDNAの二重らせん構造から、巨視的(マクロ)には銀河系運動に至るまで、ボルテックスは文字通りすべての自然に作用します。科学者の研究によると、ボルテックス運動は「内部凝集運動」によって外部から内部に吸収される個体システムのエネルギーをより強くするといいます。

鯉の滝のぼりは、ボルテックス運動によって水のエネルギーを吸収しているのだと科学者は説明します。

皿まわしは、無限大を描きながら行うボルテックス運動で、とても単純な動作ですが、エネルギーが強化されるとともにに充実する感じがあります。体が回ると、脳も回り、考えも回り、心が楽になります。そして、体の細胞レベルから振動が起こり、エネルギーを浄化し、強化します。

無限大を描く皿まわしエクササイズが左右の脳をバランス良く鍛える

 

また、皿まわしエクササイズの「無限大」(∞)を全身で描く動作が右脳と左脳の連携、統合を促すといわれています。

現代人は左脳偏重と言われています。無限大を全身で大きく描いて、右脳もバランス良く鍛え、

本当の健康を回復しましょう。😄