腸活ダイエット

夏に向けて健康的にダイエットしませんか?

イルチブレインヨガの腸活ダイエットはこんな方におススメです。

水太り、固太り、代謝低下、むくみ、たるみ、便秘、内臓の冷え、下腹ポッコリ
などなど。
お腹が自然に温かくなり、脂肪燃焼、内臓の働き促進、代謝アップ。
食事制限なしで無理なく自然にその方にあう適正体重で止まります。
また、呼吸・瞑想でなりたい自分をイメージ。

日ごろのストレスから離れてリラックス。
体も心も美しくなる大人のダイエットです。

7月21日まで体験費¥1000です。

体験予約はこちらから
↓↓↓

イベントのご予約はこちら

お急ぎの方は電話でも受けつくています。

☎0467-39-6170

6月残り3日間のお得情報

6月も残り3日となりました。

イルチブレインヨガ辻堂スタジオでは健康つくり応援をしています❗

これから迎える夏に向けて腸活ダイエットしませんか?

固太り・水分太り・むくみ・便秘・新陳代謝アップ。

腸を活性化することでいろんなメリットがあります。

6月28日(金)~30日(日)まで

体験費1000円でヨガ体験60分+オーラ撮影+BHP体験(BHPとは?)

 

平日①10:00~ ②14:30~ ➂19:30~

土日①10:00~ ②14:30~

ご都合のよい日時をご指定ください(HPから体験1000円を見ました。と備考欄にお知らせください)

予約はこちらから→😁

太る原因はストレスかも!夏までにダイエット~イルチブレインヨガ“半額”キャンペーン

太る原因はストレスかも!夏までにダイエット~イルチブレインヨガ“半額”キャンペーン

6月は入会金が半額になる「夏までに目指せ健康美ダイエットキャンペーン」を行っています。いろいろなダイエットを試しても痩せられないのは、脳の中の“ストレス”が原因かも。脳は食欲をコントロールする大事なところ。超ビギナーの方でも簡単にできるイルチブレインヨガの瞑想やプチ体操(1分運動)で、ストレスを解消し、今までよりもっと自分らしい健康美をゲットしませんか!

■ストレスと食欲

ダイエットと脳は、実は深い関係があります。それは脳が食欲をコントロールするスイッチを握っているからです。私たちの「空腹」や「満腹」といった感覚は、胃袋がどれだけ満たされているかによって決まると思われがちですが、実際には、脳も大きな役割を果たしています。

脳の奥深いところに視床下部と呼ばれる部分があります。ここでは、私たちが生きていくために欠かせない基本的な欲求を生み出しています。その中に「摂食中枢」「満腹中枢」があります。摂食中枢とは「お腹がすいたから食べなさい」と命令を出すところ。一方、満腹中枢は反対に「お腹がいっぱいだから、食べるのをやめなさい」という命令を出します。

この視床下部は、ストレスの影響を受けやすいという特徴があります。このため、仕事や人間関係のトラブルなどちょっとしたストレスを抱えると、満腹中枢が正常に働きにくくなり、食欲をコントロールしづらくなります。これが「ヤケ食い」「過食」「暴飲暴食」を引き起こす原因の一つになります。イライラ、不安、寂しさを抱えているときに甘いものが食べたくなるのも、ストレスの影響があるのですね。

■瞑想で感情に振り回されない脳に

ストレスを減らす方法として最近注目されているのが、「瞑想(メディテーション)」です。瞑想で自分の体に意識を向けることで、外部の情報を自分自身から切り離すことができます。物事を落ち着いて受け止めることができるようになり、一時的な感情に振り回されにくくなります。その結果、ストレスが軽くなると考えられています。

英ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ心理学科のデボラ・バウデン氏と韓国脳科学研究所(KIBS) が2011年に行った共同研究では、イルチブレインヨガでも行っている脳教育瞑想がストレス軽減に役立つという傾向が確認されました。

■1分運動

瞑想とともに脳のストレス解消におすすめなのが、イルチブレインヨガの「1分運動」です。これは1時間ごとに1分間だけ体を動かすという健康法です。体を動かす方法は何でもOK。仕事中ならトイレ休憩のときにもできます。

1時間ごとに体を動かすことで、会社や家での「座りっぱなし」「立ちっぱなし」による血行不良を改善できます。脳に新鮮な酸素が行き届くようになり、幸せな気分を助長する「セロトニン」などの神経伝達物質(脳内ホルモン)が増えやすくなります。脳が幸福感で満たされれば、自律神経のバランスが整い、腸も活性化。代謝もアップし、ダイエットにもプラスになります。

イルチブレインヨガが6月に展開する「夏までに目指せ健康美ダイエットキャンペーン」は、入会金が半額でたいへんお得!
通常8,000円のところ、4,000円になります。

体験予約はこちらから

「春の健康生活応援」春だから始めたい新習慣

春だから始めたい新習慣
イルチブレインヨガで心・体・脳がアクティブに動きだす!

イルチブレインヨガは3月、体験レッスンに参加される方を募集します。テーマは「春の健康生活応援」。春になると心がワクワクして活動的になる一方で、「やる気が出ない」「気分が落ち込む」といった不調に陥りやすくなります。瞑想と運動でストレスを減らしてバランスを回復。ハッピーで実りたっぷりの春を引き寄せましょう!

■季節の変わり目

春の訪れとともに動物や植物が活発に動き出すように、私たち人間もアクティブになります。古代中国から伝わる陰陽五行説では、人の体は、気温が高まるにつれて「陽の気」が盛んになると考えられています。陽(よう)の気は、元気、やる気のもと。春に戸外に出て日差しを浴びたくなったりするのは、陽の気がみなぎるからです。

一方で、春といえば気候や生活環境が大きく変わるとき。その変化に体や心が追いついていけず、不調を感じやすくもなります。その背景にあるのは「自律神経」。呼吸や消化など生命のさまざまな活動をつかさどる自律神経は、交感神経と副交感神経という2つのバランスの上に成り立っています。ストレスや生活リズムの変化によって均衡が崩れると、自律神経の働きが鈍くなってしまいます。

自律神経が乱れると、腸内環境が悪くなったり、血流が悪くなったりして、体にもトラブルが起きやすくなります。またメンタル面でも、イライラして忘れ物をしたり、仕事でミスしたり、といった問題を抱えやすいです。

■呼吸で脱ストレスへ

自律神経は、本来は自分でコントロールできませんが、唯一アプローチする方法があります。それが「呼吸」です。ふだん無意識に行っている呼吸を深く、ゆっくりと行うことで、副交感神経を優位にすることができます。自律神経を車に例えるなら、交感神経がアクセルで、副交感神経はブレーキ。深い呼吸で副交感神経に働きかけることで、ストレス状態にある心身をリラックス状態へと導くことができます。

そして、浅くなりがちな現代人の呼吸をゆったりとしたリズムに切り替えるために、最も簡単な方法とされるのが、今話題の瞑想なのです。

■体を動かす

もう一つ、オススメの方法が「体を動かす」こと。運動は、筋力や足腰の強さといった目に見える能力だけでなく、血流、代謝、脈拍といった体の内側の基本的な機能を高めてくれます。そもそも私たち人間も動物であり、他の動物と同じように、動くことを前提として体ができています。文明の進歩によって体を動かす機会が減ってしまったことで、意識的に運動習慣をつけないと、体がどんどん衰え、気候や環境の変化にも適応できなくなります。

イルチブレインヨガでは、脳教育をベースとしたブレイン体操やブレイン瞑想によって、体・心・脳のバランスを整えていきます。だれでもできる簡単な動きと呼吸で血流を滑らかにして、体を内側から元気に。この春、新しい習慣として取り入れてみませんか!?

ただいまキャンペーン中
このサイトを見たという方は体験費500円引きになります。↓体験時にお申し出ください。🌞

💛2月末のワークショップがおすすめ💛

BHP~自分で見つける ヒーリングポイント講座~

BHPとはイルチブレインヨガで「セルフケア」

現代人はさまざまな体のトラブルを抱えています。その一方で、メンタル面でも様々なストレスにさらされ、「やる気」「集中力」「安定感」などが失われがちです。

こうした心身のトラブルが悪化するまえに、ふだんから自らのセルフケアをしっかり行いたいところ。それは、現代的な生活のなかで弱くなった自然治癒力を呼び覚まし、強くしていくためのプロセスでもあります。日常の中で自分自身をヒーリングする方法がわかれば、毎日のストレスを軽減し、イキイキとした日々を送ることができます。

今、新しいセルフケアの方法として注目されているのが、BHPBrain education Healing Pint)です。BHPは頭と手足から自分のヒーリングポイントを見つけ、指で押すなどしてケアするセルフヒーリング法。人間の脳には、自分自身をヒーリングできる力がもともと備わっています。そして、その脳に信号を送るスイッチが頭と手と足にあります。

 

当ワークショップでは、簡単なエクササイズや

呼吸瞑想と、頭や手足を押す簡単なセルフヒーリングを体験していただきます。

ストレスなどで崩れた心身のバランスを取り戻せる

ヒーリングポイントがきっと見つかるはず!💡

ご自分の身体のヒーリングポイントの探し方をご案内します。老若男女どなたでもO

 

こんな方におススメです。🧡💡

冷えやすい/疲れが残る

お通じがスッキリしない/眠りが浅い

ストレスをためてしまう/元気になりたい

集中力をつけたい

 2月22日(金)2月23日(土)2月24日(日)2月26日(火)

いずれも14:30~16:00頃まで

各回1000円で体験ができます。

 

また24日はヨガの日で一般クラスが1000円で体験ができます。

お好みに合わせてお選びください。😍

お気軽にお問い合わもおまちしてます!

予約はこちらから🚶

またはお電話で 0467‐39‐6170

1月は入会金が半額になる“新年お年玉キャンペーン”実施中

1月は入会金が半額になる“新年お年玉キャンペーン”

1月は入会金が半額になる「新年お年玉キャンペーン」を実施しています。通常8,000円の入会金が4,000円になります。イルチブレインヨガでは2019年、「健康自給自足プロジェクト」を提案。習慣を変え、生活の質(QOL)を高め、自分で自分を健康にできる新しいライフスタイルをサポートします。

■寿命と運動

人間の寿命のバロメーターとして注目されている「テロメア」。テロメアは私たちの体の一つ一つの細胞の中に存在している粒子で、年齢を重ねるごとにサイズが縮小していきます。このテロメアが長い人は病気になりにくく、寿命も長いという傾向が明らかになっています。また、これまでの研究では、日常的な運動がテロメアの縮小を防ぐのに役立つことが分かっています。

こうしたなか、2018年11月下旬に注目すべき研究成果が発表されました。欧州心臓病学会誌に掲載されたドイツのザールラント大学のクリスティアン・ヴェルナー博士らの論文によると、運動の中でも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が、筋トレに比べてテロメアを長くする効果があるという結果が出たのです。

この実験では、30~60歳の男女124人に「筋トレ」「ウォーキングとジョギング」「高強度インターバル・トレーニング(HIIT)」の3種目のいずれかを割り当て、半年間にわたり週3回続けてもらいました。その後テロメアを測定したところ、「ウォーキングとジョギング」と「高強度インターバル・トレーニング(HIIT)」ではテロメアが長くなりました。高強度インターバル・トレーニング(HIIT)とは、やや激しめの有酸素運動と、軽い運動(または休憩)を交互に行う有酸素エクササイズです。一方、「筋トレ」では効果が確認できませんでした。

こうした結果から、健康寿命をのばすためには、スポーツジムなどでバーベルを持ち上げるような重量トレーニングよりも、ウォーキングやインターバル・トレーニングなどのような有酸素運動が良いということが伺えます。瞬間的に筋力に負荷を与えるようなトレーニングよりも、しっかりと呼吸をし、体内に酸素を取り込みながらじっくりと体を動かすことが、長寿の秘訣の一つだということです。

■習慣を変え、生活の質(QOL)を高める

テロメアの劣化を防ぐには、運動のほか、バランスのとれた食生活や普段のストレスケアも大事だとされます。すなわち、生活習慣が健康寿命に深くかかわっているのです。

自分の健康を自給自足する生活習慣の重要性は、どれほど強調しても足りません。習慣を変え、生活の質(QOL)を高めることが健康寿命にも大きく関わってくるのです。イルチブレインヨガの提案する「健康自給自足プロジェクト」では、自分の体質を変えて健康度をアップし、さらには家族などの周囲の人たちや社会をより健康的で明るくしていくことを目指しています。

■押すだけ!簡単セルフヒーリング法「BHP」

健康自給自足プロジェクトの一環として、押すだけ!簡単セルフヒーリング法「BHP」(Brain education Healing Point)を行っています。人間の脳には、自分自身をヒーリングできる力がもともと備わっています。そして、その脳に信号を送るスイッチが頭と手と足にあります。BHPは頭と手足から自分のヒーリングポイントを見つけ、指で押すなどしてケアするセルフヒーリング法です。

ストレスなどで崩れたバランスを取り戻し、心身のゼロ点を回復するBHPをスタジオで体験できます。入会金が半額になる新年お年玉キャンペーンをぜひご活用ください!