おすすめの入眠法

床に就くと、仕事や家族のことなど心配事が浮かんでしまう、という人は多いでしょう。眠ろう眠ろうとするあまり、眠りに意識が集中しすぎて、さらに目が覚めてしまうという悪循環に陥ることもあります。
そんなときは腹式呼吸がおすすめ
おへそ周辺に意識を集中させて、深い呼吸を繰り返します。お腹が飛び出るくらいできるだけ多くの空気を吸い込んで、次に、胸から口を通してゆっくりと息を吐き出します。3秒間吸い込み、2秒間息を止めてから約4秒間息を吐きます。
腹式呼吸をすると、体の活動と休養をつかさどる自律神経系が活発になります。リラックスして気分がおさまり、眠りを誘ってくれます。
腹式呼吸を行うときは、気分が高揚していないほうがいいです。映画を見たり、にぎやかな音楽を聴いたりしながら行わないでください。穏やかなストレッチの後、腹式呼吸をするのがベストです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう