ILCHI希望の手紙~「私の体の主治医」~

「私の体の主治医」

病気のもとはひとつです。

エネルギーの流れがどこかで滞り、生命体のもつ自然治癒力をまともに発揮できていないのです。

滞っているところを流し、血の巡りとエネルギーの循環がよくなるだけでも、たいていの症状は時間とともに回復します。

体を感じ、理解し、親しくなると、体からの警告サインに適切に対応し、病気を予防できます。

ちょっと調子が悪いからと病院や薬に頼るのではなく、「私の体の主治医は私」と思い、体を動かし体力をつけましょう。

意志と努力があれば、若く健康に長生きできます。

★ILCHI希望の手紙のバックナンバーはこちら★
http://ilchi.jp/?p=14

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう