新しい教育~人間性英才~

今、教育現場ではいろいろ起きていますが、当時こんな学校があったら私も入りたかったです。
「ベンジャミン英才学校」
5つのない学校だけれども、自分の価値、自分を愛する、地球を愛することができる学校です。

↓↓↓

未来教育~AI時代に必要な人材を育てる新しい観点の教育

社会を率いる未来の人材に子どもたちを育てるには新しい観点の教育が必要です。

今の子どもたちには問題解決能力が必須です。

人間性教育と創意力を高める教育が大事です。

第4次産業革命時代には、広い視野をもち、創意性にあふれ、人間性を備えた人材がたくさん誕生すべきだと思います。

そんな教育がすでにあります。

今日のおすすめ動画 ~良い習慣をつける方法~

今日のおすすめ動画

良い習慣をつける方法~習慣づくりに最も大事なことは?(3:52)

どうすれば良い習慣がつくのでしょうか?

良い習慣が多いとその人の人生は成功した人生と言えます。

良い習慣が多くあるというのは、たくさん学んだということではなく、それほど訓練ができているということです。

良い習慣をつけるために大事なことは、脳にポジティブな情報を与えることです。

自信がもてる環境を自分でつくるのです。

自分にポジティブな情報を与えられる力が人間にはあります。

脳の環境を整えて、自分の内面にある無限の脳の力を使ってみませんか?

脳をフル活用させる方法!

🚕今日のおすすめ動画🚕

脳をフル活用させる方法!眠っている脳を目覚めさせるために必要なことは?

あなたは脳に関心がありますか?

自分の脳のことをどのくらい知っていますか?

パソコン教室に通っても、脳活用の方法を教えてくれる教室には通わないでしょう。

車の免許はとっても脳活用の免許はありません。

脳がもつ無限の潜在能力を開発するにはどうすればいいのでしょうか?

眠っている脳を目覚めさせるには、自分の脳を信じる必要があります。

今日のおすすめ動画 ~天門瞑想~

🐞今日のおすすめ動画🐞

集中力アップ/脳活性化/超カンタン瞑想法「天門瞑想」

集中力を高めるポイントがなんだと思いますか? それは脳を感じることです。脳は誰にもありますが、脳を感じたことのある人は少ないでしょう。

何かを研究するときは、その対象に集中しなければなりません。集中力を上げて脳を活用するには、脳に集中する必要があるのです。

自分の頭の中に脳があるということを自覚し、脳を感じるにはどうすればいいか? それを長年悩んで思いついたのが「天門瞑想」です。

天門瞑想をすると、脳に変化が起こります。 頭に物を乗せた瞬間に脳が目覚めます。

今日の目標をすべて達成する

今日の目標をすべて達成する

毎日、自分の人生をデザインしましょう
一日の目標を明確にし自らの価値を行動に移しましょう

「今日の目標はすべて達成する」と選択し、アクションするのです
今日一日の価値があなたの価値です
今日のエネルギーを使い切ったら
明日使うもっと大きなエネルギーが満たされます
心配せずに自分のパワーを使いましょう

~地球市民ムーブメント提唱者 一指李承憲~

youtube「Earth Citizens TV」のご紹介

Ilchi Lee Channel

最新動画「脳が目覚めるヒーリングポイントを探せ!自然治癒力が高まるBHPヒーリング法」もおススメです。
チャンネル登録をしてお楽しみ下さい。

🍀ILCHI希望の手紙🍀&🚲今日のおすすめ動画🚲

🍀ILCHI希望の手紙🍀

「年齢は管理次第」

年をとれば病気になったり記憶力が急激に悪くなるのは、避けることのできない誰もが経験する生理現象なのでしょうか?

脳科学者は、そうではないと言います。

私たちが当然のように受け入れている「年のせい」というのは、実は誤った生活習慣によって体と心が持続的に壊れていった結果であり、単純に年をとったせいではないと言うのです。

例えば、認知症も60、70歳になったからではなく、約30年前からよくない食習慣、生活習慣、運動不足、脳の負傷などが累積され、ある瞬間に症状として現れたものです。

20代でも体が弱く病気がちな人もいれば、80代でも活気に満ちている人もいます。

老年になっても変わらず好奇心に満ちた目で世の中を眺め、多方面に関心をもつ人もいれば、若いのに新しいことに門戸を閉ざしている人も多くいます。

年をとると、体や脳の健康が低下するのが当たり前なのではなく、人それぞれ千差万別で、管理次第なのです。

一指李承憲著『人生120年の選択』

 

🚲今日のおすすめ動画🚲

人生に新たな道を

古い習慣を変える最も効果的な方法は新たな習慣を作ることです。

イルチブレインヨガの簡単体操で下半身運動

私たち人間は、立ち上がって2本の足で歩いています。この直立二足歩行は、実は哺乳類の中では極めて例外的なことであり、いわば人間だけが有している特殊な習慣です。

人間は二足で全身を支えているため、少しでも骨、関節、足首が悪いと、コントロールを失い、つまずいたり、転んだりしてしまいます。このため、人間の足腰には常に大きな負担がかかっています。

ある研究調査によると、65歳超の8割の人に膝の軟骨や腰の椎間板のすり減りが見られるといいます。腰や膝が痛くなり、治療やリハビリに取り組む人の数も増加の一途をたどっています。いくつになっても元気で歩けるようになるためには、なるべく若いうちから下半身強化に取り組むことが大切です。

イルチブレインヨガのつま先たたきは、下半身強化にもってこいのエクササイズです。両足のつま先同士をぶつけあうだけの単純な動作で下半身をしっかりと強化。股関節や骨盤、膝、足首などの関節をスムーズに動かせる状態にして、柔軟性のある身体をつくっていきます。